《ニーアオートマタ》2Bは尊くかけがえのないものでした